森茂 淳 森茂 淳

トータルな視点での提案を通じて、期待以上の暮らしづくりを。

リフォーム中も、リフォーム後もお客さまとの関係づくりを大切に。

私の担当エリアは60代前後のお客さまが多く、みなさまにとっては自分の子どもと同じくらいの年齢なので、親しみを持っていただくことが多いです。そんな中、特に大事にしているのは、リフォーム後にお伺いした際などに、実際にお使いになってあるいはしばらく暮らしてみて不具合がないかなどをお尋ねすることです。万が一、不具合が見つかった場合などは、速やかに対応させていただき、新たなご要望がありましたら提案させていただいています。その甲斐あってか、少し経ってから「またリフォームしようと思うから、来てくれる?」などとご連絡いただいたりすることが大変嬉しく、お客さまとの関係を大事にしていきたいと思っています。

お客さまの視点はもちろん、将来も見据えた提案も大切に。

提案をする際は、いつもお客さまの視点や立場を想像することを心がけています。例えば、設備機器の提案について、いくつものメーカーを用意してしまうとかえって迷われてしまう場合もあるので、事前にヒアリングを重ねた上で最善の案に絞ってご提示するようにしています。
また、その際には、現在元気なセカンドライフをお過ごしのお客さまにも今後のことを見越して、手すりの設置をお勧めしたり、使い勝手やメンテナンス&掃除のしやすい設備機器をセレクトしたりと、今回のタイミングで少し費用がかかっても、後々のことを考えれば納得いただけるような提案を心がけています。

トータルの提案で、期待以上の暮らしづくりを。

お客さまに思い描いていた以上の暮らしを送っていただくためにも、お客さまご自身ではまだ気がついていない潜在的なニーズまでも拾い上げ、つねにトータルな視点での提案ができるよう心がけています。特に部分リフォームの場合、リフォームする空間と既存のままの空間について、バランスが悪くならないようにプランニングをしています。例えば、壁紙の貼り替えのみをご希望の場合でもスイッチプレートなども合わせて交換させていただくほか、トイレの便器交換の際も、床や壁紙も合わせた空間としてのリフォームをご提案するようにしています。

スタッフ紹介
(C)Copyright TOKYU COMMUNITY CORP. All rights reserved.