海老谷 礼乃 海老谷 礼乃

大切なのは、パートナーシップ。お客さまの想いに寄り添うこと。

「海老谷に頼んでよかった」。そう言われるリフォームを。

リフォームとは、ひと対ひとの共同作業です。そのため、私はお客さまの想いや気持ちに寄り添うことを何より大切にしています。提案や設計においても決して自分本位になることなく、徹底してお客さまの目線に立って、一緒になって理想の暮らしを創り上げていくことを目指しています。また、「あとは海老谷さんに任せます!」と言われると、プロ冥利につき、更に気合いが入ります。そんなお客さまに恵まれており、『今回も海老谷さんが担当とわかり、東急Re・デザインに即決しました。些細なことも相談でき、安心して任せることができました』、『海老谷さんの力がなかったらこのリフォームは実現しなかったと思います』などのアンケートを頂いたりすると大変嬉しいです。

お客さまの想いをどれだけ引き出せるかで、リフォームの結果は決まる。

リフォームは、お客さまの暮らしをつくることです。だからこそ、打ち合わせ時に、お客さまの想いをどれだけ引き出せるかが大切で、話しやすい雰囲気づくりも心がけています。具体的には「お片付けが得意か、そうでないか」「好きなインテリアイメージとは」「これからどのような生活を送るために、リフォームをするのか」など、お客さまの話しやすいことからヒアリングを重ねていきます。そして、現在お持ちの家具や、服装、小物、額なども考慮しながら、“このお客さまは、今後こう暮らしていきたい”と推察し、リフォームのイメージを創り上げ、お客さまと共有していきます。

早め早めに、お客さまの不安を払拭するサポートも。

全面リフォームをする際の心配事としてよく耳にするのは、仮住まいのことです。仮住まいや引越しが面倒なため、リフォームを躊躇してしまう方も少なくありません。そのため、仮住まい先や荷物を保管するレンタル倉庫については、出来るだけ早めに、希望に添うものを探し、ご提案するようにしております。“大体の相場や、手続き方法がわかるだけでも安心”というお客さまの声もいただきます。あとは、賃貸に出す予定のお客さまに工事を少し待っていただき、近くにお住まいの全面改装予定のお客さまにご紹介した・・・ということがありました。当社が管理会社でもあるという安心感と、お互いのお客さまがとてもよい方だったから、上手くいったかな・・・と思います。お客さまに寄り添うリフォームは、リフォーム以外のこともしっかりケアしてこそ実現できるものだと思っています。

スタッフ紹介
c2017 Tokyu Re・design Corporation All rights reserved